社員教育をマンツーマンで行うメリット

従業員のスキルを上げる方法としては、社員教育があります。社員教育をマンツーマンで行うことによっていくつかのメリットがあります。これからそのメリットをいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてマンツーマン教育を検討してくださいね。

指導される側が質問しやすい

コミュニケーションが取れて関係性が深まる

一人一人のペースに合わせて教育できる

集団で社員教育するメリット

社員教育をする時には、集団で従業員の教育をしていく事も可能です。集団で行う場合には、マンツーマン指導にないメリットがあります。これから集団で行う社員教育のメリットをお話するので、ぜひ参考にしてくださいね。

社員教育は最重要であること

社員教育とは、業務の一環として社員が研修を受け、自身のスキルアップをはかることです。社外研修、社内研修、イーラーニングなどの種類があります。

指導する側の人数が少なくても問題ない

少ない人数でもきちんと指導できる

個別や少人数ではなく、数十人や数百名など集団で社員教育をするメリットは、指導する側の人数が少なくても問題ないことです。なぜなら、重要な内容を板書したり、参加している社員が見える場所で技術を披露したりすれば覚えてもらえるからです。1人1人に対して丁寧に教えられるだけの指導者を確保できるなら、集団よりも個別や少人数の社員教育の方が成果に期待できるでしょう。しかし、たくさんの指導者を用意するとなればコストがかかりますし、社内の人材に指導者を担当してもらうなら本来の業務に影響を及ぼす場合があります。わざわざデメリットのある方法を選ぶなら、少ない指導者で済む集団での社員教育の方が会社の負担は少ないでしょう。

指導担当者の質が重要

集団で少ない指導者にて社員教育を実施する際のポイントは、人材の選定に力を入れることです。指導担当者の質が参加した社員の理解度に影響するため、しっかりと検討して決めるようにしましょう。知識や技術が十分ではない者や何となく選んだ者に指導担当者を任せてしまうと、質の低い社員教育になってしまい、実施する意味が薄れる場合があります。社員教育を開催する際に場所の確保や教材の購入、日程の調整などお金と時間をかけるわけですから、参加者にとって価値のある内容にしなければなりません。質の高い指導担当者が見つからないなら一生懸命探す必要がありますし、日程の調整で手間取って無理をするくらいなら先延ばしすることも大切です。

© Copyright Work-Related Education. All Rights Reserved.